ヘアサロン丘の上ゆず花 ニュース&ウェブログ 

飯田市仲ノ町にある複合施設「ウェルネスタウン丘の上」にある美容院
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
AGA ◆AGAに有効な髪型とは?

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

presented by  ヘアサロン丘の上 ゆず花 (長野県飯田市の美容室)

 

もう何年か前の話になります。

美容商材メーカーさん主催の勉強会で、

業界で著名な美容雑誌の編集者さんが、大変興味深いプロモーションをされました。

 

その内容は、

当時、「男性の美容室利用率が高い世代(40代以下の世代)の多くが、

AGA(男性型脱毛症)による、薄毛の問題に直面する年齢にさしかかるのが、

数年後。

美容室では、来るべきその時を見越した対策が、必要ではないだろうか。」

という分析と問題提起のもと、

いくつかの仮説が立てられました。

 

その仮説とは、

いままで、美容室を利用してきた男性で、薄毛の問題に直面した男性は、

 継続して、「美容室」を利用する。

◆嵳容店/床屋さん」へ移る。

「カット専門店/クイックバーバー(QB)さん」へ移る。

というものでした。

 

そして、その美容雑誌の出版社が企画した書籍が、

◆「男のヘアロス対策Book」/女性モード社 

です。

 

この書籍では、上記の説の△硫樟を採用しています。

そして、そのメインページでは、

何名かの著名バーバー(理容師)さんに、

薄毛に対応した、ヘアスタイルを提案をしていただくという内容でした。

 

 

◆当時、当店の開店に備えて、

ミドルエイジ以上の年齢の男性のお客様への戦略を、本格的に行いたいと考えていた、

マネージャーの私は、

このテーマと書籍を、重要案件として、お店に持ち帰りました。

 

しかし、そこには・・・な結果が待っていました。

 

それは、

当店のオープニング・スタッフをはじめとする、スズキ美容室の女性の美容師さんたちの反応が、

今一つだったということです。

 

「男性の加齢に伴う、薄毛の問題」の重要性を頭で理解するところまでは、

スムーズだったのですが、

この本が提唱する、薄毛対応のヘアスタイルやデザインに対する支持というか、

共感が低かったのです。

 

その理由を、ヘアデザインやカット技法における理容師さんと美容師の根本的な考え方の違いから…

と単純に解釈してしまえばそれまでなのでしょうし、

実際にそのことが、美容師さんのカットの好みにも、大きく影響していることは間違いないと思われました。

が、この状況をおこしている「モヤモヤ感」の本質は、

その種のものではない、という直感が働きました。

 

わたしは、この後もこのテーマについて、

美容師さんから詳細な聞き取りや、議論を進めていく中で、

この「モヤモヤ感」の本質と言えば大げさでしょうか、

一つの重要事項に辿りつくことになりました。

 

それは、ミドルエイジの男性の髪型の評価は、

ご本人の価値観や評価というよりも、

奥様、パートナーのそれが大きく影響している。

ということにです。

 

AGAの症状にさいなまれている、ミドルエイジの男性の髪型の評価を、

何のためらいもなく、一刀両断に行うことができる、自信満々の女性陣の言説から、

一般的にも、

ご主人の髪型への奥様方の影響力が、

相当に大きなものとして存在しているに違いない、という確信に至りました。

 

AGA対策を探って行く中で、

営業上も大変重要なものを、副産物として手にできたのではないかと

感じています。

 

そこで、

◆世の奥様方に、謹んでお願いしたいことは・・・

 

ご主人のAGAに対しての正しい知識を、奥様方にも共有していただきたいということ。

そして、是非、やさしい心を持って理解を進めていただきたいということです。

 

つづく。

AGA  ―性にも知っていただきたい男性の「生理現象」

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

 

presented by  ヘアサロン丘の上 ゆず花 (長野県飯田市の美容室)

 

わたしたちのお店「ヘアサロン丘の上ゆず花」は、

本店の美容室や、姉妹店と比べ、男性のお客様のご来店を意識して、

メニュー設計をさせていただいています。

 

現代の一般的な美容室のお客様事情、統計 ※1 などから判断すれば、

すでに、3割〜4割の男性の皆さんは、美容室にご来店いただいているわけですから、

いまさら何を…とお感じになられる方もいらっしゃるかと思いますが、

 

わたしたちのお店では、その3割〜4割に属さない男性のお客様、

つまり、

理容店さんやカット専門店でヘアカットをされている男性のお客様も視野に入れた

メニュー設計を、現在も模索しています。

 

そのためにも、当店の女性スタッフは、男性の頭髪に関する知識、情報を、

積極的に取得するように努めています。

まだまだ十分ではありませんが、

長い目でみて、男性のお客様のお役にたてるようなサービスにつなげていけたらと考えています。

 

◆前置きが長くなりましたが、

本題に入ります。

 

さきに触れさせていただきました、

美容室にご来店いただいていない6割ほどの男性の多くの方が抱えていると思われる問題が、

AGA つまり「男性型脱毛症」と呼ばれる現象です。

 

昔は、「若ハゲ」などという辛辣な表現もありましたが、

現在では、AGAという呼称が、一般化しています。

 

この脱毛、あるいは薄毛は、男性特有の生理現象で、

男性ホルモンの影響を多く受ける頭髪の発毛障害で、

遺伝の影響を多く受ける症状です。

 

皮脂の分泌を伴う場合もあるため、

かつては、

不清潔や毛穴の詰まりがその原因であるかのような、

風評、都市伝説が、理・美容業界も含めて、蔓延していた時期がありましたが、

AGAの研究が進み、

皮膚科学会からの、医学的な見解が示されている現在、

それらは、明確に否定されています。

 

とくに、20代から30代で、AGAが発症している男性がかかえる悩み、

心の負担は、非常に大きなものであるという調査結果も出ています。

 

そんなことからも、

多くの女性の皆さんにもAGAのことを、知っていただき、

正しい理解が徐々にでも拡がっていけば…と思います。

 

(「ヘアサロン丘の上ゆず花」「スズキ美容室」統括マネージャー鈴木彰)

 

つづく。

 

 

※1 統計

    ◆男性の「1年間の美容室の利用率」 34.9 %

       (  男性の「1年間の理容室の利用率」48.0  % )

 

   ◆女性の「1年間の美容室の利用率」  86.0   %

   (  女性の「1年間の理容室の利用率」調査対象無し )

       ⇒「美容センサス 2019前期」/リクルートライフスタイル社 より

  

   統計

   ◆男性の「美容室で髪を切る率」 23.5 %

   ( 男性の「理髪店で髪を切る率」  66.4  % )

 

     ◆女性の「美容室で髪を切る率」  88.4   %

    (  女性の「理髪店で髪を切る率」    3.6  % )

  ⇒「2012年 美容院・理髪店に関する調査」/螢丱襯 より

 

◆参考文献

「専門医が語る 毛髪科学最前線」 板谷智/ 集英社新書

 

「毛髪の科学と診断」八木原陽一著/薬事日報社  ほか

 

 

 

 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.