ヘアサロン丘の上ゆず花 ニュース&ウェブログ 

飯田市仲ノ町にある複合施設「ウェルネスタウン丘の上」にある美容院
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
令月を前に、「柚子の里」の梅花が満開

 

presented by  ヘアサロン丘の上 ゆず花 (長野県飯田市の美容室)

 

 

〜 初春の令き月、気淑く風和み、梅は鏡の前の粉を披き、蘭は珮の後の香を薫らす 〜

 

これは、昨年、元号決定の際に、そのソースとして有名になった万葉集の中の一首です。

 

皆さんご存知の内容とは思いますが、

ここで、あらためて現代風に意訳してみます。

 

新春の2月、空気は、麗しくおだやかになり、

梅は鏡台の白粉のように咲き、蘭は装飾品の香りのように薫っている。」

 

梅の花の色をメイクルームの化粧道具の白粉の情景に例えたり、

蘭の花の香りを香水、あるいは、アロマに例えたこの歌。

なんとも女性好みな描写、というか、

美容室のイメージにも、ピッタリのお歌だなあ…と感じたのは、

私だけでしょうか。

 

 

そして、元号が変わって今年、

 

令和時代の初めての令月(今年の暦では2月24日が旧暦での令月1日)をまえにして、

すでに、梅の花が咲いています。

 


私たちの本店の美容室では、

南信州での柚子の産地である、泰阜村のお客様から頂いた梅の枝に、

梅花が綺麗に開花しています。

 

飯田から南へ40キロ程度の位置の泰阜村でも、

この時期の開花は、かなりの早咲であるそうです。

 

 

 

そして、柚子の実からつくられた、

泰阜村の伝来の郷土食「ゆべし」もお土産としていただきました。

 

見た目は、中京地方の特産、「守口漬け」風ですが、

柚子の果実に、みそベースの詰め物をして、

丸ごと干して、時間をかけて熟成させるという複雑な工程を経て出来上がる保存食。

郷土の食材からつくられた、

まさにソウルフードと呼ぶにふさわしい食品です。

 

現代のいま、この時代

美容室のスタッフの中には、

「ゆべし」を食べたことがない、という

南信州人としては、「もぐり」さんも発見されたことから、

休憩時間に、皆で、さっそくいただくことになりました。

 

その模様は、姉妹店「グレープス・ブログ」/「ゆべしでモグモグ」で、ご覧下さい。

⇒ こちら

 

また、今週末の営業日には、

ヘアサロン丘の上「ゆず花」のお客様の席に、

泰阜村の梅の枝をご用意させていただきます。

 

新春の梅花を、お楽しみください。

 

柚子の季節

JUGEMテーマ:ぽっかぽか美人

presented by  ヘアサロン丘の上 ゆず花 (長野県飯田市の美容室)

 

 

 

今年も柚子が実る季節を迎えました。

 

ヘアサロン丘の上ゆず花の「本店」にあたります、スズキ美容室に、

永年にわたってご来店いただいていますお客様で、

・・・南信州地域での柚子の最大の産地である泰阜村で

柚子と柚子を原料とするゆべしの生産をされている・・・お客様から、

今年も本場の柚子の実をいただきました。

 

 

わたしたちの、このお店にも、

おすそ分けをいただき、

お店の中にに飾らせていただいています。

 

 

そして、

この日ご来店いただきました

ウェルネスタウン丘の上の高齢者住宅にお住いのお客様方にも、

先着順で、

おすそ分けをさせていただきました。

 

 

お風呂に入れて楽しんでいただけましたでしょうか、

お部屋の芳香剤として、

可愛がっていただいていますでしょうか、

 

わたしたちは、

本店で、特別の賄として、柚子の味覚を楽しませていただきました。

(こちら ⇒ 「美容室グレープス・店長スタッフブログ」)

 

柚子の果実の実りの季節は、

乾燥とインフルエンザの季節に入っていくというサインでもあります。


皆様、お体にお気をつけいただき、

クリスマスと新しいお歳をお迎え頂ければ…とおもいます。

 

わたしたちも、

インフルエンザの予防接種をして、年末の営業に備えています。

(ウェルネスタウン丘の上の一階の「仲ノ町診療所」 ⇒ こちら で、予防接種をしていただいています。)

ゆく夏を惜しむ

JUGEMテーマ:信州の田舎暮らし情報をあれこれ

 

presented by  ヘアサロン丘の上 ゆず花 (長野県飯田市の美容室)

 

 

「ヘアサロン丘の上ゆず花」の本店に当たります「スズキ美容室」前の土手に咲く朝顔。

 

一時の暑さもピークを越えた感がある飯田の街です。

「ゆず花」のある仲ノ町に接する隣町、馬場町にある谷川の土手では、

ゆく夏を惜しむかのように自生の朝顔の花が咲きだしました。

 

 

今頃になって、朝顔?と思われるかもしれませんが…

この朝顔は、西洋品種らしく、夏の終りから咲き始める品種だそうで、

まさに、秋の訪れを告げる風物と言える存在なのだそうです。

 

 

 

とはいっても、少しでも太陽が顔を出してくれば、

灼熱の日差しに晒されてしまうのも現実です。

植物にとっても、直射日光に長い時間、当たることによって、

焦げたり、しぼんでしまったりしたりするほどの

今年の8月でした。

 

 

朝顔の花も、葉の陰に隠れて、身を守っているようにさえ映る

日差しの強い午後。

 

人間の肌や、髪の毛にとっても、紫外線によるダメージは、深刻なものです。

次回からは、そんなテーマのお話しを少し、させていただく予定です。

 

 

 

 

「章姫」が色づいています

JUGEMテーマ:信州の田舎暮らし情報をあれこれ

 

presented by  ヘアサロン丘の上 ゆず花 (長野県飯田市の美容室)

 

ヘアサロン丘の上ゆず花のショーケースで育てているいちごがこんなにいい色に…

 

苺の種類は、章姫です。

飯田・下伊那地方では、一番よく見かける品種です。

いちごらしい甘さとほのかな酸味が特徴です。

でも、やつぱり、

ほおばると、さわやかな甘さが口いっぱいに広がる、

なんといっても、甘みが強いいちごです

 

 

 

当店のマネージャーが、

かつて、東京で仕事をしていた時に、飯田のお土産として、

持ち帰った食べ物の中で、東京の方々に、一番びっくりされた、

と何度も話に聞いているのが、この章姫です。

(ちなみに、2番目は、真冬に出荷される、梨「南水」ということでした。)

 

わたしたち飯田の人間は、苺と言えば、この章姫が日常です。

 

最近は、ほんとうに良いことがない飯田の街ですが、

こんなところは、とても恵まれているんだ、と感謝しています。

飯田で一番の?高級スーパーに置いてある、栃木産とか、博多産とか、熊本産の

全国ブランドのいちごにも、決して引けを取らない・・・

というかそれらを圧倒するほど美味しいです。

いちごは、ホント、鮮度が大事なんです。

 

 

マネージャー曰く、飯田市周辺の直売所では、飯田産の章姫はもちろんですが、

この時期に、喬木村産や、豊丘村産といった天竜川の東岸産の章姫を見つけたら「絶対に買い」だそうです。

 

 

 

明日の営業日には、一番大きな一粒をいただきたいと思います。

 

 

 

 

ゆずの樹も一年

JUGEMテーマ:ぽっかぽか美人

飯田市 ヘアサロン 美容院 美容室

 

 ヘアサロン丘の上「ゆず花」の開店を記念して、

昨年、わたしたちの美容室の本店では、

何本かのゆずの苗木を取り寄せました。

 

 そのうちの2本が、地におろされ、

そのうちの1本がすくすく育って、この冬、1年ぶりにたわわに実をつけました。

 

飯田市 ヘアサロン 美容院 美容室

 

卓球のボールより一回り小さいくらいの柚子の実

「花ゆず」と呼ばれる種類の柚子です。

 

 

飯田市 ヘアサロン 美容院 美容室

 

お店の商品棚に、マスコットとして飾っています。

 

飯田市 ヘアサロン 美容院 美容室

 

一方、こちらは、本柚子の実です。

飯田市の市街地からは、車で1時間ほど南下した位置にある

ゆずの本場、泰阜村から、

永年、私たちの本店に通っていただいているお客様から頂きました。

 

 

飯田市 ヘアサロン 美容院 美容室

 

泰阜村の名物は、何と言っても「ゆべし」です。

柚子を中心的な原料とする加工食品です。

 

いま、この伝統的ソールフードを村おこしの象徴としてフューチャーしている泰阜村。

その、ゆべし振興の中心となって奮闘されている、お客様ご夫妻の自家製のこの本柚子の実は、

ゆず花に、ご来店いただいたお客様方へプレゼントさせていただき、

あっというまになくなってしまいました。

 

 

飯田市の美容院 美容室

 

この「本場」の「本柚子」。

その香りの強さは、やはり、花ゆずのそれが及ぶものではありません。

この柚子の実をお持ち帰りいただいた皆様は、

本柚子のアロマパワーを、

冬至の柚子湯で、ご堪能いただけたのではないでしょうか。

 

飯田市 ヘアサロン 美容院 美容室

 

じつは、わたしたちの本店で地植えにされた、もう1本の柚子の樹は、本柚子です。

 

でも、たわわに実をつけた花ゆずの樹を横目に、

本柚子の樹は、今年、実をつける気配すら全く感じさせませんでした。

 

「まず10年は辛抱して、根気強く育てなければだめよ」と、

件の泰阜村のゆずマイスターからは、そんなエールと同時に、育成の極意についても内緒のご指導をいただきました。

 

長寿の象徴、本柚子の成長を、長い目で見守ってゆきたいと思います。

 

 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.